{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

¥1,500 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

書けなさの前に立っていて 言えなさの前で笑っていて いて ほしい たとえようがなくて あなたに尋ねてしまいたくなる 今 ここで なにが起きているの -- 美しい詩に出会ったときの感覚は、どう表現することのできない夢心地のようであり、じんわりと広がっていく温かさがあるように思う。心地の良いリズムは言葉だけでなく、行間や空白ひとつをとっても、読む人の心を揺すってくれる。 頁をめくると様々な世界に連れて行ってくれるこの作品は、言葉を提示するわけではなく、私たちに想像する豊かさを与えてくれる。優しい詩のひとつ一つは、何度も読み返したくなるものであり、ずっと私たちのなかで息づいていくように思います。 ふとした時にでも、暮らしのなかにこの心地よい余韻を思い出すと、穏やかな気持ちにさせてくれるのではないでしょうか。根本さんの繊細で温かみのあるイラストは、見えるようで見えないようなその朧げな世界の輪郭を、そっと差し伸べてくれるように感じました。 -- 池田 彩乃 / 詩 ▷http://ikdayn.main.jp/ 根本万智 / 装画・挿絵 ▷https://kobunefune.tumblr.com/ -- 書籍をご注文くださった方には、私たちのドリップバッグをひとつプレゼント。 https://sieca.stores.jp/items/6094f06bc9827a1c26d6aaa0 珈琲と本の温かいひと時をお過ごしください。