ある一生
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

ある一生

¥1,870 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

吹雪の白い静寂のなかに消えていった、あの光景。アルプスの山とともに生きた、名もなき男の生涯。雪山で遭難したヤギ飼いとの邂逅に導かれるように、20世紀の時代の荒波にもまれながら、誰に知られるともなく生きたある男の生涯。 その人生を織りなす、瞬くような忘れがたき時間が、なぜこんなにも胸に迫るのだろう。80万部を超えるベストセラー、英語圏でも絶賛! 現代オーストリア文学の名手が紡ぐ恩寵に満ちた物語。 -- この物語に登場する、アンドレアス・エッガーの生涯を淡々と描いた小説。子供のころから厳しい労働を課せられ、養父からの体罰が原因で片足を引きずるようになってしまう。 やがて逞しい若者に育ち、独立して農作業の手伝いなどの日雇い仕事をするように。そして貯めたお金で小さな土地を借り、小屋を修繕し自分の家を持つようになる。 さまざまな変化のなか、戦争が起こり、ロシアでの長きに渡る拘留生活などを経て、一生のほとんどを孤独に貧しく暮らしたエッガー。彼の素朴で力強い生き様は、不幸とは何か、幸福とは何かという問いをその生涯を通じて私たちに考えさせてくれるように感じます。 この著者であるゼーターラーは、このエッガーという男の人生を「木を彫るように」創り出したという。その生涯をぜひ楽しんで欲しい。これは「ある一生」の物語。 -- ローベルト・ゼーターラー / 著 浅井 晶子 / 訳 佐藤 隆信 / 発行者 株式会社 新潮社 / 発行所 -- 書籍をご注文くださった方には、私たちのドリップバッグをひとつプレゼント。 https://sieca.stores.jp/items/6094f06bc9827a1c26d6aaa0 珈琲と本の温かいひと時をお過ごしください。