庭とエスキース
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

庭とエスキース

¥3,520 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

〈他者を知りたい、そう思わずして写真は撮れない。でもだからと言って言葉が、写真と同じ眼差しを持つとは限らない。 奥山さんは水底で自身を問うように、一なるものをモノローグして、確かめる。驚くばかりの誠実な持続である。〉 ——小栗康平(映画監督) 写真家である著者は、北海道の丸太小屋で自給自足の生活を営み、糧を生みだす庭とともに暮らす「弁造さん」の姿を14年にわたり撮影しつづけた。 弁造さんの“生きること”を思い紡がれた24篇の記憶の物語と40点の写真。 人が人と出会ったことの豊かさを伝える、心揺さぶる写文集。 -- 個人的に、私の大好きな一冊。 この本に出会えてよかったと思えるような一冊に、あとどのくらい巡り合えるだろうか。北海道の丸太小屋で、豊かな自然とともに自給自足の生活を送る弁造さんとの日々を14年間にわたり綴った記録。弁造さんという、彼ひとりに焦点を当て、その人生を追う。ただそれだけが、美しいと思えるほどに心を揺さぶられるのだ。 弁造さんの愛らしさに心を奪われ、季節をめぐるごとに親しさを感じ、そして88歳を過ぎても画家として生きる夢を見る彼に、胸を打たれる。 暮らしのなかで、弁造さんから浮き彫りになっていく"生きる"ということを深く考えさせられる一冊だった。ほんの少しずつ、味わうように読みたい本。 -- 奥山淳志 / 著 ▷https://atsushi-okuyama.com/ みすず書房 / 出版 -- 書籍をご注文くださった方には、私たちのドリップバッグをひとつプレゼント。 https://sieca.stores.jp/items/6094f06bc9827a1c26d6aaa0 珈琲と本の温かいひと時をお過ごしください。