山學ノオト
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

山學ノオト

残り1点

¥1,980 税込

送料についてはこちら

“自分としては、ただ生産性のない日々を生活しているだけなのです” 奈良県東吉野村。人口一七〇〇人の村の山あいの、道から離れその先の、川にかかる橋を渡った石碑の隣。ひっそりとたたずむ一軒家、人文系私設図書館「ルチャ・リブロ」。自宅を開放して図書館を運営する夫婦がその生活を綴った一年間の日記に、書き下ろしエッセイと、山地での生活を考察した草稿「研究ノオト」を追加収録。 -- 敢えて洗濯機を使わずに生活をしている友人がいる。彼に手洗い暮らしはどうかと尋ねると、「床を雑巾掛けをしているような感覚に近い」と言っていたことを思い出しました。 私たちの暮らしは日々便利になっていく一方で、不便であった豊かさを取り戻したくなる瞬間がある。敢えて時間をかけて行う一つひとつには、心を整えてくれるような役割があるように感じます。 インスタントではなく、自分の手でゆっくり珈琲を淹れてみたり。洗濯機ではなく、たまには手洗いで洗濯してみたり。暮らしとは、そういった些細な積み重ねのなかで生まれていくものなのでしょう。 山學ノオトでは、ただ淡々と日々の記録が綴られていく。その様子はまさに、暮らしそのもの。生産性のない日々にこそ、私たちにとって多くの気づきが眠っているように感じました。 未断裁で不揃いな冊子に、古書を思わせる色合いは融和的で、静かに温かい印象を与えてくれます。 -- 著者   青木真兵・海青子 装幀   武田晋一 発行者  松井祐輔 発行所  エイチアンドエスカンパニー(H.A.B) ▷https://www.habookstore.com/ -- 書籍をご注文くださった方には、私たちのドリップバッグをひとつプレゼント。 https://sieca.stores.jp/items/6094f06bc9827a1c26d6aaa0 珈琲と本の温かいひと時をお過ごしください。